エスクァイア 値引き

エスクァイア_モデリスタ

エスクァイアを 値引き+α でお得に購入する方法

エスクァイア(ESQUIRE) カッコ良いですね!!
ただ、VOXY、NOAHに比べて高級路線なので、若干値段が高いんですよね。
でも せっかく買うなら見た目も一味違うし、内装も高級なエスクァイアを選びたい!!

トヨタミニバン3兄弟の中では、エスクァイアは総合的にさすが、大人のミニバンと言う感じです。
そんな トヨタ エスクァイアを出来るだけ安く・・・と言うと語弊があるかもしれませんが、どうせ買うならもっとお得に、賢く購入したいものです。
  
  

ディーラーの下取りは損?

エスクァイア モデリスタ

エスクァイアの値引き交渉前に、実はほんのちょっとの手間を掛けるだけで最終支払額で50万円以上の差が出る可能性もあるんです。

それは今乗っている愛車の下取り額を「ごまかされない」ようにすることです。
まずはエスクァイアの値引き交渉前に、あなたの愛車の本来の下取り相場(買取相場)を確認してからエスクァイアの値引き交渉に向かいましょう!
  
  
査定料金は完全無料なので、まずはこちらの 査定サイト で、愛車の買取り相場を調べてみて下さい。

  

エスクァイア 値引き 限界

今年のエスクァイアの値引き額の傾向としては、発売から時間も経ったことから、ほぼ落ち着いた状態となっているようです。

エスクァイアのグレードにもよりますが、おおよそ 30万円位から多い人で50万円くらいの値引に成功した方もいるようです。
去年に比べると 10万円位値引き額が増えたようですが、そろそろ限界ではないでしょうか?
  
  
車の最終支払総額を簡単に図で表すと

支払総額 = 車両価格 + オプション価格 + 諸費用 ― 値引き ― 下取り

  
  
車両価格はグレードによって決まっています。
オプションは付けた分だけプラスになります。当たり前ですがw
諸費用は法定費用などがメインなので値引き幅がありません。
値引きは車両価格とオプションから相場相当額が値引きされます。
 但し交渉により多少増える可能性はありますが、極端に増えることはありません。
下取りが支払総額を抑えるための一番のポイントになります!
  
  

エスクァイアの値引きと愛車の下取り

エスクァイア

今乗っている愛車の下取り額の相場をご存知でしょうか?
ディーラー側がエスクァイアの見積を出すさい、一番金額の操作をしやすいのが下取りの金額です。

■「10万キロ走っているので本来の査定は0円ですが、今回エスクァイアを購入して頂けると言うことで、特別に5万円で下取りさせて頂きます!」
 
■「初度登録より7年経過しているので、基本的に査定は0円になります。本来は処分費用として5万円位必要ですが、この車種は人気車種なので特別に30万円で下取りさせて頂きます!」
 
■「この車種の下取り相場は20万円ですが、ちょうどこの車種の中古車を探している方がいらっしゃるので、今回は50万円で下取りさせて頂きます!」

などなど・・・

ディーラーの下取り査定額を、そのまま鵜呑みにしていませんか?

ほとんどの場合、ディーラーの営業マンのセールストークです。
本当は価値が無い、もしくは価値が少ないと言う印象を与えた上で、下取りとして本来よりも高い金額をつけたと言われると、見積り上の金額が減るため、あたかも値引きが大きくなったかのように感じる思います!

ディーラーの下取り額と比べると、ハッキリ言って実際の流通価格はもっと高いです。
下取りで損をしないためには、本来の相場をあらかじめ確認しておくことが大切です。

とても簡単に調べることが出来ますので、エスクァイアの値引き交渉前にしっかりと調べておきましょう。

お薦めの査定サイト

愛車を売却するさい、実際に私が何度か利用したサイトで、一番高額査定がついたのが「かんたん車査定ガイド」です。

かんたん車査定ガイド

5star
かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド特徴

■完全無料!
■最大10社からの見積もり
■入力時間 約32秒!
■概算価格がすぐ分かる!

【 お薦めの理由は? 】

・必要事項入力後、概算買取価格がその場ですぐに出ます!
・概算買取金額が分かるので安心♪
・入力項目が少ないため 時間が掛からずストレスもありません。
・そして実際に何度か利用してみて、一番高額査定が出たのがこちらのサイトです。

  
かんたん車査定ガイド 公式サイト

  
  

ズバット車買取比較

4star
ズバット車買取比較

かんたん車査定ガイド特徴

■完全無料!
■最大10社からの見積もり
■入力時間 約1分
■累計利用者 60万人以上
■カスタマーサポートが充実

【 お薦めの理由は? 】

・150社以上の買取専門店が登録しています!
・その中から10社へ査定を依頼することができるので、高額査定の可能性が高い!
・こちらも何度か利用してみた中では、高額査定が出やすいです。
・入力項目が若干多いのが気になりました。

  
ズバット車買取比較 公式サイト

  
  

カーセンサー.Net

4star
カーセンサー.Net

カーセンサー.Net特徴

■完全無料!
■最大30社からの見積もり
■入力時間 約3分
■売却(買取)ガイド完備

【 お薦めの理由は? 】

・中古車雑誌でおなじみのカーセンサー系列なので知名度が高く安心!
・買取専門参加業者数 No1!
・何と言っても最大30件の買取専門店同士が見積もりを出し合うので 高額査定の可能性が高い!
・愛車を売るのが初めての方でも分かりやすい「売却ガイド」がとても役に立ちます。
・入力項目が多いのが難点です。

  
カーセンサー.Net 公式サイト

  
  

エスクァイア 値引き 交渉

エスクァイア値引き交渉
 

エスクァイアを限界まで値引きしてもらうには

【 値引きポイント 】

1)値引きが大きくなる時期をねらう
2)ライバル店同士で見積もりを比較する
3)他社のライバル車種と見積りを比較する
4)希望金額を提示する(常識の範囲+α程度)
5)愛車があれば 下取りを高くしてもらう
6)その他、細かい値引き交渉テクニックがあります

 
ポイント(1)時期で狙う
 ■ 値引きが大きく期待できる時期
 ・1月~3月の年度末決算期
 ・6月~7月のボーナス時期
 ・8月お盆~9月の中間決算期
 ・12月のボーナス時期から年末年始

この中でも決算期に当たる、2月、3月、9月頃が特にねらい目となります。
どの業種でも大体そうですが、決算時期は業績を上げるために、自動車メーカー、販売ディーラーなどが一丸となり、一台でも多く販売台数を伸ばし売り上げを上げるために、通常よりもお得なキャンペーンや、オプションの付帯サービス、さらにはズバリ車両値引きなどを売りにします。

折り込み広告やテレビCMなども多いこの時期は、エスクァイアも通常より大きな値引きが期待できる時期になります。

メーカー・ディーラーとしては、ボーナス時期・年末年始なども、エスクァイアの販売台数を増やすには良い時期になります。その為、売上を上げやすいこの時期も、比較的エスクァイアの値引きを引き出しやすい時期と言えると思います。
 
 
ポイント(2)ライバル店の見積りで比較する
エスクァイア見積り

トヨタの販売店は4系列あり「トヨタ店」「トヨペット店」「カローラ店」「ネッツ店(Net’s店)」があります。

その中でエスクァイアを取り扱っている販売店は「トヨタ店」と「トヨペット店」になります。
「カローラ店」は「ノア」、「ネッツ店」は「ヴォクシー」を取り扱う店舗になります。

もし購入車種が完全に「エスクァイア」に決まっている場合は、まずこの2つの販売店の見積りは必ず貰って比較しましょう!

第一希望は「エスクァイア」だけど、「ヴォクシー」も捨てがたい・・・ 場合は「ネッツ店」の見積りも遠慮なく貰いましょう!
「ノア」を検討している場合も同様に「カローラ店」で見積もりを貰いましょう。

3車種とも検討している場合は、すべての販売店で見積りを貰うことが理想なのは言うまでもありません。

ですが、実体験から言うと、何気なく車を見に行ってカタログを貰ってくるのとは訳が違い、エスクァイアの見積りだけじゃなく、数店舗からヴォクシーやノアの見積りも貰ってくるとなると、かなりの労力を使います。
ハッキリ言って疲れます。。。

しかも、その時に担当してくれた営業マンがとても親身になって相談に乗ってくれたりした場合、次の販売店に行ってまたエスクァイアの見積りを貰うこと自体、悪いような気がしてしまいます。

「それはあなたの気が弱いからじゃないの? 極限までエスクァイアを値引きしてもらうには、割り切って見積りを貰うなり交渉するなりするしかないでしょ!」

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、私も結構ハッキリ物を言うほうですし、その時の感情や相手の意見に流されるような性格ではなく自分の考えは曲げないタイプですが、やはり担当営業マンがエスクァイアを購入することに対し、真剣に相談に乗ってくれている場合こちらも雰囲気で分かりますし、情が入ることも確かです。

担当営業マンも、冷やかしのお客さんか、本当にエスクァイアを買う意志があるのかは分かると思いますので「全ての販売店で見積もりを貰いましょう!」と書くのは簡単ですが、なかなかそうも行きません。
  

ポイント(3)他社のライバル車種と見積りを比較する
エスクァイア見積り比較

基本的には上記の「ポイント(2)」と同じです。
比較車種が同一メーカーの同クラスの車種から、他社の同クラスの車種に変わるだけとなります。
「エスクァイア」と同クラスの車種と言えば、日産の場合「セレナ」やホンダの場合「ステップワゴン」などになると思います。

こちらもそれぞれ検討しているのであれば、見積りを貰えれば貰っておくに越したことはありません。
本当に検討している車種に関しての見積りは、遠慮することは無いと思いますので、大変かとは思いますが頑張りましょう!!
  
  
ポイント(4)希望金額を提示する(常識の範囲+α程度)
エスクァイア見積り比較

これは交渉の仕方になりますが「漠然といくら」と言うのではなく、意外と大切なのが「希望の金額を提示する」と言うことです。

自分の中でハッキリとした金額が無い場合、どのラインが妥協点なのか? 交渉していく中で自分自身でも良く分からなくなってしまいます。(経験談)

すると、営業マンに簡単に丸め込まれてしまう可能性もあります。
基本的に担当してくれる営業マンは親身になって対応してくれる方がほとんどですが、やはり その営業マンの成績や、会社の利益も考えなければいけませんし、無制限に値引き出来る訳ではありません。

なので、お客さんの予算と、会社の利益の相応を考えた上で話を進めて行きます。
その中で、エスクァイアをいくらなら購入するのかが特に決まってない場合は、営業マンもこちらの懐具合を伺うため、少ない値引き金額から交渉に入るのは必然となります。

そこで希望金額をしっかりと伝えることは結構重要になります。
例えば、値引き後 通常300万円くらいが相場のグレードのエスクァイアだった場合、290万円位を希望額として提示してみて、営業マンの様子を見る。

そうすると、「290万円は無理ですけど何とか相場より5万円値引して、295万円にします」とか、「金額的に値引きは無理なので、本来のナビより10万円高いタイプを付けさせて頂きます」とか、「値引き、オプションのグレードアップなどは無理ですが、ガソリン満タン納車+オイル交換10回無料」など、実質的に値引きに相当するサービスなど、何かしら努力をしてくれることがほとんどです。

ただし、値引き後300万円が相場の車を、200万円にしろ! と言うのは初めから無理な話なので、常識の範囲+α程度の金額を提示するようにした方が賢明でしょう。

あまり無理を言い過ぎても、冷やかしのお客さんかと思われる場合もあります。

ここまで読んでて頂いている方は、自分の欲しいエスクァイアのグレードの相場を大体把握しているものと思われます。
ただしこの過程は、値引き交渉が大詰めに近くなってからにして下さい。
  
  
ポイント(5)愛車があれば 下取りを高くしてもらう
エスクァイア 下取り

上にも書きましたが、下取り金額はディーラー側でも比較的 金額を操作しやすい項目です。
まずディーラーの場合、根本的に下取り車の査定基準が元から低くなっています。

ディーラーは新車を販売することがメインなので、車を買取るのはあくまでもサービスの一部 程度の扱いだからです。
買取った車は、自社の販売系列の中古車店で売ることもありますが、基本的には中古車の在庫はあまり抱えたくないのが本音です。

年式が新しく足の速い人気車種ならまだ良いですが、年式が古く走行距離も多い下取り車の場合などは、自社の在庫として販売することはあまりありません。

その場合、ほとんどがオートオークションに流すことになります。
そのため、絶対に下取りで損が出ないような金額でしか買取りません。

まずは自分の愛車の本来の買取相場を確認しておくことが重要です。
本来の買取相場を知らないと、下取り額が高いのか安いのか妥当なのか、判断のしようがありません。

ネットを見ていると、良く下のような広告を見かけると思います。
大手の車買取専門の一括査定サイトで、高額査定が出やすいサイトです。

【 かんたん車査定ガイド 】

  
【 ズバット車買取比較 】

【 カーセンサー.Net 】

【 カービュー 】

 
一般的な国産乗用車、セダン、ミニバン、ステーションワゴン、軽自動車、などであれば、上記の一括査定サイトで査定をすれば、ディーラーの下取りに比べ、かなり高額な買取金額が出ると思います。

外車や商用車、4t位のトラックまでならば「カービュー」がお薦めです。
事故車専門の買取サイト、トラック重機の買取専門サイトもあります。

査定料は無料なので、一度あなたの愛車の買取相場を確認しておくことをお薦めします。
 
 
エスクァイアの値引き交渉が進んだ段階で、ディーラーの下取り提示額と、買取専門店の買取り金額を比較して、買取り専門店の買取り金額の方が下取り額を5万でも10万でも上回っていれば、その分エスクァイアを安く買える事になります。

もしディーラーの下取りの方が高ければ、それは担当の営業マンが値引きを考慮した中でかなり頑張ってくれたこともあると思いますし、何より買取り専門店より高値で下取りをして貰ったと言うことで、お得だったと納得できるのではないでしょうか。
  
  

エスクァイア値引き交渉術>>
<前へ  2 3 4 5 次へ>

  
  


carview 

コメントは受け付けていません。